ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北斎 千絵の海 蚊針流 | main | 釣りコミュ >>
2018.08.27 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.12 Wednesday

鮎毛鉤を作っています。

 ここのところ、寒い日が続き、あの夏の鮎釣りが遠い昔のように感じます。
こんな寒い日は、あの夏を思いながら鮎毛鉤を作っています。
以前から、鮎毛鉤を作ろうと何度も試みましたが、納得いくものが出来ず、
8年も前、いやもっと前からずーっと考えてきました。
それが、やっと少し形になってきました。新作の鮎毛鉤です。

以前から、売っている毛鉤には、ハリスが付いているため、短くなってくると使えなくなったり
こまめに付け替えたり出来ないと考え、なんとかアイ(糸を結ぶための穴)のついたフライフック
で作成できないかと考えていました。しかし、なかなかうまく行かず、最近とてもいい金色のハリを
見つけ、そのハリを使うとなんとか様になりました。胴も木綿糸で仕上げることにしました。

江戸時代から作られている鮎毛鉤には、その形に法則があって、みの毛は6本で、
毛鉤の頭に漆を固めて金箔を貼った金玉を付け、胴も水鳥などの毛を染めたものを
使います。その数も数千種類あり、伝統工芸に指定されているため、なかなか素人では
作れないものです。今回作った毛鉤は、このスタイルを重んじながらも、少しアレンジして
作りました。さて、問題は釣れるかどうかです。ああ夏が待ち遠しい!!
2018.08.27 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links