ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 石を抱く | main | 鮎のドブ釣りに少し興味が >>
2017.06.29 Thursday

アユ毛鉤1本釣り仕掛け

アユを毛鉤で釣りたいという思いでいろいろ試行錯誤してきた結果

なんとなくではありますが分かってきたことがあります。

その中で最も重要だと思ったのは、小田原の早川などチンチン釣りが盛んに行われている川は、

私がヤマメ釣りに行くような玉石の多くある渓流だということ。それに比べて今私が通っている

川はかなり小規模な小川で、底は砂地が多く、この釣り方にあるように底石にガン玉がバウンド

して誘いとなるようにはならない。

そして、水深があまりなく、流すことができる距離もすごく短い。それ故、早川での仕掛けを

そのまま流用する訳にはいかないという事がようやく分かりました。

 

そこで、師匠に聞いて試そうと思ったのが1本鉤で釣る釣り方です。

通常チンチン釣りは、毛鉤を3〜4本付けて一番下にオモリを付けて流す胴付き釣りです。

しかし、この3〜4本の枝鉤を付ける仕掛けはどうしても長くなるので水深の浅い川では使えない、

師匠は毛鉤を2本付けた仕掛けを使っていますがそれでもまだ長いので、どうしたらいいものかと

聞いたところ、1本鉤でも釣っている方が居るとのこと。

仕掛けは、普通のエサ釣り仕掛けの針をバケに変え、針より10センチほど上にガン玉を打つという

非常にシンプルな仕掛けでした。しかし、チンチン釣りはガン玉が一番下で底に当たる位で流し

毛鉤にアクションを加えることによって誘うと本には書いてあるので心配しましたが、どうもそうではなく

師匠の釣り方は枝針も10儖幣緜垢とって自然に流すことが大事だと。

自然に流れないと大きなアユは追ってこないという事でした。枝素を短くすると針がピンピンはねて良くない

とのこと。僕は今までその方がいいのだと思ってハリスも太く短くしていました。

したがって、1本鉤で重要なことはハリスを細くする事!

今まで0.4とか0.6で巻いていたハリスを0.25とか0.3に変えて挑もうと思います。

2018.08.27 Monday

スポンサーサイト

コメント
きっとそれぞれの川に合った仕掛けが生まれてくるのでしょうね、 お話しも楽しみです。\(^o^)/
  • 満月
  • 2017.06.30 Friday 13:14
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links