ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 開高健と井伏鱒二のアユのエサ釣り秘伝書 | main | 福岡市博物館の「釣り道楽の世界展」11/6日まで >>
2019.09.22 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2016.10.24 Monday

釣りの古書がいっぱいの海鳥書房

東京に行ったら、古い釣り道具が展示してある資料館や釣り具店を回るのですが、

福岡市博物館で「釣り道楽の世界」があっていて、別に東京で見る必要がなくなったため

今回は釣りの古書を扱っている神田神保町の鳥海書房さんに行きました。

行きましたというか、古書店がいっぱいあるという神保町には行ったことがなかったので

うろうろ古書店を巡っていたところ「釣」と書かれた看板が目に留まり入ったというわけです。

鳥海書房は神田古書センターというビルの三階にあります。

その蔵書たるや目を見張るものがあります。佐藤垢石の本や

三遊亭金馬の本(持ってるけど元になった本は初めて見た)

和竿に関する本もたくさん

 

ここは、釣りだけではなく魚や昆虫や鳥など生物に関する本が豊富です

いろいろ買いたかったのですが、旅人に本は荷が重すぎるのと、

結構な値段がしたので数冊購入して帰ってきました。

今回の戦利品はこちら!昭和17年の『水の趣味』と釣りの文化誌

古書目録はお店の方に頂きました。追:今回の釣具屋めぐりは、

「上州屋渋谷店」「渋谷サンスイ」千石の「釣具のすがも」です。

2019.09.22 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links