ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 職漁師の本たち | main | 3本目のテンカラ竿、その名も「金剛」 >>
2019.09.22 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.05.27 Wednesday

神田の桜井釣具に行く

東京へ行ったら是非行ってみたいと思っていた明治21年創業の「釣具の桜井」に行くことができました。
私のテンカラ釣りでは、師匠より受け継いだラインがサクラのマスターラインなので、かれこれ20年以上このメーカーのラインを使用しています。九州ではサクラ製の道具はあまり売られていないので以前よりずーっと行きたかった場所でした。
場所は神田駅のすぐ近く鍛治町にあります。オフィスビルが建ち並ぶ中ビルのかどにその入り口がありました。

セブンイレブンのあるビルのすぐ横に狭い入り口があり店は地下にあります。

石の階段を下りて行くと古いガラスの扉がありました。

階段の降り口には色紙とか古い釣竿とか飾ってありました。



江戸川という和竿のメーカーでもあるので店内は竹竿がいっぱい並んでいます。

原竹もたくさん置いてあって店の片隅では店員さんが竿の修理をしていました。

九州から来て20年以上サクラのラインを使っている話をして、店員さんも九州ではサクラは未開拓なので釣れたら写真とか送ってくださいとかいう話をしました。店のおやじさんから竿に塗るワックスをもらい「何かあったら近くの釣具店に持っていってください、すぐに営業に取りに行かせますから」という言葉をいただきました。大手釣具メーカーは年毎に新しい商品を出し4〜5年もすると製造していないので修理できないということになりますが、ここは一生保障してくれるので、この言葉を聞いて何か安心しました。大切にしたい釣具メーカーです。桜井釣漁具ホームページhttp://www.sakura-rod.co.jp/
2019.09.22 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
Sponsored Links