ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.08.27 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.08.31 Thursday

新しいバイス

先日、埼玉へ行ったとき、師匠からバイスを頂いた。

台にとりつけるタイプ

口はレバーで閉めるタイプ

早速使ってみたけど、とても使いやすい。

錆びて年季が入っているのがなおさらいい!

2014.05.10 Saturday

竿袋作ってもらった!


テンカラ竿の竿袋を作ってもらいました。
縮緬のいい布があったので、いつか竿袋にしようと思ってましたが
なかなかできなくて
会社の人に得意な人がいて、ついに出来ました。
仕舞が41僂覆里播を入れる袋みたい。
2012.09.16 Sunday

和竿を手に入れたよ




中2の頃からずーっと憧れていた和竿を手に入れました。
釣具屋に売れずにあったものだそうです。激安価格で購入しました。
長さは二間半、マブナか清流用の竿でしょうな。
これ持って釣りに行こう!!
2011.06.21 Tuesday

虹がでた!!

梅雨空に虹がかかりました。しかも、みごとなアーチ型


2011.05.21 Saturday

スマート・フィッシングタックル

常に考えているのが、どうやったらスマートにできるか。
物をごちゃごちゃ持つのはどうも好きになれない。
名刺に肩書きを羅列するのもうんざりする。
できれば、カッコよく腰に佩きたい。
そんなこんなで、僕の今の釣り道具はこんな感じ。

左から、糸巻き(毛鉤糸、道糸、ハリスを収納)真ん中は毛鉤ケース、右端は小物入れ。
これを、カッコイイ金具で腰に佩くのさ

唐代の官人は、太刀や刀子、魚佩などを帯に下げていた。
また、ジェダイはライトセーバーを腰から下げている。
こんな感じで釣具も下げたい。カッコイイ!
2011.05.11 Wednesday

毛鉤セイサクショ 山雨香房です!

 
なんかカッコよくない?
2011.05.07 Saturday

キョンジ来日!

ついに、ついに、韓国の伝承釣竿「キョンジ」が来日しました。
約8年ほど前に『韓国の釣り』を見たときから気になっていたキョンジ。
まさに海を越え、今私の手元に届きました。
以前、このブログで紹介したキョンジの記事。
この記事を、韓国在住で親日家のHANさんという方が見ておられ、2本も送ってくださるとの事。
一時はハングルを学び、韓国まで出向いて買い求めようかと思っていたんですが、思い続ければ叶うものですね!!
ついに念願のキョンジを手に入れることができました。
HANさんありがとう!!

70cmくらいの竿です。竿尻には琥珀のようなきれいな石が付いています。
グリップはゴム製で、竿はグラスファイバーでできています。

竿先にある糸を巻く部分。竹でできています。

このように捻ってあります。魚が掛かると竿をくるくる回しながら糸を巻きます。

こうやって糸を巻いておきます。詳しくはこちら
2011.04.11 Monday

海を眺めながら渓流魚を釣る話

昨日は、糸嶋半島の西の突端にある「またいちの塩」10周年祭に行き、山水を引いて造った釣堀の番をしました。釣堀にはニジマスが放たれ、お客さんに釣りを楽しんでもらい、釣った魚は腹を出して塩焼きにしてという一連の流れの中、いそがしい一日を楽しみました。

真ん中にニジマスが群れています。

こんなかんじで釣りをしてもらいました。

すぐそばには海が広がっています。

釣った魚は塩焼きにしました。もちろん塩は「またいちの塩」

餅撒きならぬ塩撒があったり、大盛り上がりの10周年祭でした。
10周年おめでとうございます!!
※僕的には、一緒に番をした人と釣友になったのがよかったです。

2011.03.14 Monday

室見川のシロウオ

さて、二月の 博多名物といえば室見川のシロウオ
生きたまま酢醤油をかけて食べるおどり食いは有名です。
先日、シロウオのおどり食いを食べる機会がありました。
子供のころ、父と室見川の川辺にある店に入ってしろうおのおどり食いを食べたことがあります。
半分くらい食べたあと、家で飼ってみたくなったので持って帰った記憶があります。

以前食べた味がどんな味だったかほとんど記憶になかったけど、今回改めて食べてみると、なんかイカ刺しに似た味でした。博多名物のシロウオは、シロウオ科のシロウオとは異なりハゼの仲間です。顔をよく見てみるとハゼの仲間だと分かります。
2011.02.28 Monday

ようかん

きのう羊羹を食べた。
皿の上に抹茶の羊羹が二切れ。
また、夏目漱石『草枕』の一文が浮かんできた。

「菓子皿のなかを見ると、立派な羊羹が並んでいる。余はすべての菓子のうちでもっとも羊羹が好だ。別段食いたくはないが、あの肌合が滑らかに、緻密に、しかも半透明に光線を受ける具合は、どう見ても一個の美術品だ。ことに青味を帯びた煉上げ方は、玉と蝋石の雑種のようで、はなはだ見て心持ちがいい。のみならず青磁の皿に盛られた青い煉羊羹は、青磁のなかから今生れたようにつやつやして、思わず手を出して撫でて見たくなる。西洋の菓子で、これほど快感を与えるものは一つもない。クリームの色はちょっと柔かだが、少し重苦しい。ジェリは、一目宝石のように見えるが、ぶるぶる顫えて、羊羹ほどの重味がない。白砂糖と牛乳で五重の塔を作るに至っては、言語道断の沙汰である」
Powered by
30days Album
Sponsored Links