ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.09.22 Thursday

福岡市博物館の企画展「釣り道楽の世界」に行ってきました!

9/17日より福岡市博物館で行われている「釣り道楽の世界」を見に行きました。

中学生の頃から奇集していた本に載っている江戸前の釣り具や資料が一堂に介し失神しそうになりました。

これらの竹竿や釣り具を見るために、東京に行った際は中川船番所資料館や四谷の釣り文化資料館、銀座東作、上野東作や大塚の関釣具店などを精力的に訪れていましたが、今回の展示はそれをかなり上回る展示で、なぜ福岡市博物館でこんな展示が開催されるに至ったのか不思議でたまりません。自分が中学生の時にこの展覧会があっていたらどんなに嬉しかったことか!でも一生のうちにこういう展示が見れたことは幸せです。博物館の方がお知らせに書かれているように、美術好き、哲学好き、歴史好き、文学好き、小物好きにはたまらない展示でした。自分がなんでこんなのが好きなのか自分でも不明でしたが、美術や哲学、歴史、文学、小物が好きなんだなということも改めて分かりました。この日、『江戸の釣り』の著者のは長辻象平さんが展示会場に来てありました。私はお昼から行って閉館ギリギリまで展示を見ていました。10月初めに図録が販売されるということなので、会期中あと2回は行きたいと思いました。※釣り=爆釣の方は面白くないかもしれません。

2016.09.15 Thursday

アユ釣りも終盤に

イオンでシラスが98円だったので、3パック買って行きました。

連日の雨で少し増水し、水温が低いのかイマイチ追わない。

それでも9月のアユとあってやや大きいサイズが釣れてきました。

2016.08.18 Thursday

福岡市博物館で「釣り」をテーマとした展示が!

福岡市早良区百道にある福岡市博物館

国宝「金印」が展示されている博物館で有名です。

その博物館で来月17日から「釣り」をテーマとした展示が開催されます。

その名も「釣り道楽の世界」

どんな展示会となるかとても楽しみです!

2016.07.24 Sunday

チンチン釣りで初めて釣れたではなく釣ったを体験した。

埼玉の藤本師匠(鮎鉤工房で検索!)に問い合わせたのは2011年だっただろうか?

九州と埼玉と遠く離れていてお会いする機会はないものの

いろいろ相談して毛鉤の巻き方や釣り方など惜しげもなく教えてくれたりして

昨日初めてバケによるアユのチンチン釣り釣れたでなく釣ったを経験した。

針を小さくすることと、浮力の強いタラの木の浮子にすることにより

夕まづめの1時間で良型アユの入れ掛かりとなった。いずれも1.5号のアカというバケ。

うれしくなって藤本巻師に電話すると、とても喜んでくださった!

「俺が死んだらおまえが毛鉤を巻いて売るんだからな!」という言葉まで下さった。

藤本師匠本当にありがとうございました!

 

2016.06.29 Wednesday

中古釣具店で買った無名のアユ毛鉤

諫早のタックルベリーに立ち寄った際、鮎毛鉤がたくさん売られていたのでいくつか買いました。

播州の勝岡とか龍王とか有名な毛鉤がありましたが、その中に紙にボールペンで無造作に名前だけ

書かれた毛鉤がありました。しっかりした巻きですが、どこで作っているのか不明の毛鉤です。

2016.06.28 Tuesday

だんだん上手に巻けるようになってきた鮎のバケ鉤

埼玉の師匠に習って材料まで送ってくれたアユのバケ鉤

だんだん上手に巻けるようになってきました(と思います)

鮎が掛かってこないと言ったら「鉤を小さくしたら」ということだったので

今では袖2号とかアユエサ1.5号とか小さな鉤に巻いています。

いつか師匠に実際に釣りの手ほどきをしてもらいたいなー

毛鉤はayushoの仕掛け巻入れ(友釣り用)に入れています。

写真は先日大雨の後、バケではなくシラスで釣ったアユ

なわばりを持った黄色い追星のあゆ

 

2016.06.02 Thursday

アユ釣りはじめ

6月になってようやくアユ釣りができるようになりました。
この魚の魅力を知ると依存症か何かに取り憑かれたようになります。

その魅力の一つは、ほかの釣りとは違って魚の食欲で釣っている訳ではない事。
コケを食むのに夢中なこの魚をいかにして釣るかというのがその理由

もう一つは、水中に見える「ヒラ打ち」
アユが水中でギラっとヒラを打った姿が忘れられなくて、
いまヒラを打ったやつを掛けたいというのがもう一つの理由。
 
2016.06.02 Thursday

背振でテンカラ


昨日は午前中背振山でテンカラをしました。
やっと釣れた18センチほどのヤマメ
もっと枯れた釣りがしたい
 
2015.09.22 Tuesday

最近のバケ製作


最近は、アユのバケ製作に打ち込んでいて、小さな鈎がたぶんいいと思ったので、小さな鈎で巻いています。アユのエサ鈎ではなくネリエ専用2号という金の極小鈎です。軸が長くて腰のカーブがなかなかかっこいいのでこの鈎が気に入ってます。釣れるかどうかは別ですが。巻き方と素材は埼玉の鮎鈎工房さんに親切に教えていただきました。その節はありがとうございました。次は本格的に鮎毛バリに挑戦したいと思います。
2015.09.22 Tuesday

アユも終盤


今朝のアユ、小さいの3匹だけ。
昨日は20センチ位のが掛かった。
下針にエサのシラスを付けて上にバケを付ける
いずれのアユも婚姻色がでてました。
 
Check
Powered by
30days Album
Sponsored Links